自分はもう借金できない状態です、妻名義で消費者金融利用可能?

自分は役所の下請けの仕事をしてるんですけど、給料が少なくて子ども三人を養っていくのはとても大変です。妻も仕事はしていますが、正社員じゃなく普通の主婦のパート分くらいしかありません。子どもは義務教育一人と高校生が二人なのですが、全員運動の部活に入っているので、遠征費やウェア代、部費等々に毎月かなりお金が必要です。

ですから、消費者金融で借入をしながらつないでいました。ですが先日、このカードでは利用できませんとATMに表示が出てしまったんですよね。わかってたんです、総量規制にそろそろかかると思ってましたから。でも子どもに不自由な思いもさせたくなくて、いろいろ考えた結果、妻名義で借り入れができればボーナスまで繋げるんです。自分はもう借入ができないのですが、妻名義では借入は可能ですか。

奥さん名義で借入が何もないなら、借入可能です

奥さんの名義での借入が今までにないなら、仕事もパートながらしているようですし、借入はできます。だけど奥さんの収入に対する限度額しか貸付けてくれませんから、パートなら大金は貸してくれそうにありませんよね。しかも、正社員とは限度額も大幅に違うはずです。例えば奥さんが毎月7~8万円を稼いでたとしても、借入限度額は10万円程度になる可能性が高いと思われます。

パート仕事の勤続年数が短ければ審査に通らない可能性もありますし、限度額がもっと低くなる可能性もあります。消費者金融の審査は、安定収入と勤務形態、勤続年数を最初に見ますから、パートをし始めて2~3カ月程度なら審査は難しいでしょう。ですが、ご主人の借入も奥さんの借入も、返済を真面目にしていけば悪いようにはなりません。ご主人は年収の3分の1まで借入がきているならそれ以上は借りられませんが、奥さんの方の限度額は返済実績を積むことで広がる可能性があります。

最初の貸し付けは、返済をきちんとする人かを見極める時間と考えます。ですから、うっかり忘れもしないように注意しながら、返済を真面目に続けます。これは最低半年続けなければなりません。それから、もしも急いでいるなら、増額申請をします。条件によっては審査に落ちることもありますが、半年間というのは最低条件です。もしも、初回の限度額でなんとかやりくりしていけるのなら、なるべく長い期間その金額で頑張ってください。

返済実績を積む期間が長くなれば長くなるほど信用がついて、増額審査の時に通過できる確率が上がります。同じ世帯でも、ご主人が総量規制の限度額に達したからといって、奥さんも借入ができないという事はありませんので安心してください。ただ、奥さんがご主人の借金の保証人になっているような場合は、審査に通るのは難しいかと思います。消費者金融では基本的に保証人は不要なのですから、別の何かで保証人になっているという事です。

消費者金融もあまり大きなリスクを抱えることは避けたいですから、奥さんが保証人になっている場合は初回の審査にも通過しないでしょう。審査落ちすると分かっているときは申し込まない方が得策です。「申し込みの事実」も信用情報に残ります。この場合3カ月程度が目安ですが、その情報がなければ他の審査に通っていたという事がないようにしたいですよね。

妻にも知られたくない時消費者金融だったら内緒にできるんです!

みなさんは、お金が足りなくなったということを人に抵抗なく言うことができるでしょうか。お金が必要な場面があるのはみんな同じなのだから平気だと言う人もいれば、何となくお金の話はしにくいと言う人もいることでしょう。

夫婦間であってもそれは同じで、例えば今月は付き合いが多かったからお金がないと言える場合もあれば、言いにくい場合もありますよね。その理由がギャンブルや趣味だったとしたら、ちょっと言いづらいなと感じることもあるでしょう。そんな時、相手に黙ってお金を借りることができ、知られないうちに返してしまえたら、わざわざ相手にそれを知らせて心配を掛ける必要もないですよね。

そんな風に、夫婦間でも内緒でお金を借りることができるのかと言うと、実はできるんです。同じ家の中に住んでいながら相手に知られないというのは難しそうですよね。ですが、消費者金融の申し込みはインターネットからいつでも行えるので、相手が寝ている時間でも、ちょっと出かけている間にでも、申し込みをすることが可能です。いくら夫婦でも24時間ずっと一緒にいるわけではないですからね。

相手がいない時に手続きしたとしても、パソコンが共有だったら知られてしまう可能性もありま。そのようなときは、スマホや携帯からでも申し込めるので、知られないようにするには相手がいない場所で自分専用の機器で手続きすればいいということですね。

直接店舗や無人契約機に行って手続きする場合も、誰にも見られなければそれで済むことなので、その方法を選んでもいいかも知れません。その場合はカードの受け取りまでがその場でできるのがメリットです。ただし、店舗や契約機が人通りの多い場所にあるなどするのなら、誰かに見られる可能性が出てくるので、そういうことも考えながらどんな方法で手続きをするかを考えるといいですね。

大手の会社であればインターネット、電話、店舗や無人契約機での契約、郵送などいくつかの申し込み方法が選べますので、その中から自分がやりやすく、相手に知られそうにない方法で申し込みをしてみましょう。

ただし、いくら契約をする時に知られずに済んだとしても、返済をきちんとしていない場合自宅に電話や手紙などで連絡が行くことも考えられます。それが原因で今まで知られずに使っていたものが知られてしまうこともあります。最初から消費者金融の利用を知らせるよりも、後で知られた方が問題が大きくなることもありますよね。

そのため、夫婦間で相手に知られたくないのなら、計画的に利用してきちんと完済してしまうことだけは守るようにしましょう。

申し込んだ日にお金が借りられました

どうしてもすぐにお金が借りたかったんです。というのが、ずっと欲しかった靴を偶然出かけた先で見かけて。これはもう買うしかないと思ったんですが、あいにくお金に余裕がありませんでした。

でも、またここまで来ることを考えると、今買った方がいいと思ったんです。それで、すぐにお金が借りられるというところでキャッシングをしました。スマホから手続きできるので家にいなくても出先で地理がわからなくても手続きできるので助かりましたよ。

口座に振り込んでもらえばコンビニからお金も下ろせるし、なんと言ってもその日のうちにお金が借りれたので、また出向かずに済んで本当に助かりました!

スパで日頃のストレスを発散できた

仕事が忙しく、残業漬けの毎日。心も体もボロボロで、大好きなスパでリラックスしようと思いましたが、今月はセールで散財したためそんな余裕はありません。

余裕はないけど、何としてでもスパでリラックスしたい!と思い、どこかからスパに行くためのお金が借りられないか考えてみました。

友達がネットで簡単にお金を借りたことを知り、自分も申し込んでみようと思い、ネットからチャレンジしたところ、友達の言うとおり、すぐに借りることができました。スパでストレスも発散できて、明日からまた仕事が頑張れそうです。

酒のコレクションを一気に揃えるため

酒を飲むのがこの上なく好きです。つまみを食べず、好きな酒を好きなように飲み、また飲み比べをするのが私の唯一の趣味となっています。ただ、やはり安月給では買える酒に限界があります。

個人的に、どうしても飲みたい酒や好きな酒を色々とコレクションすることも好んでおり、壁一面の戸棚を一杯にしたいと前々から考えていました。いきつけの酒屋で、少し古いものをまとめて売ってくれるという話が来たのはこの時です。

慌てて、すぐに借りられるというネットのカードローンを借りることにしました。話は常連の間に回っていたので、すぐにお金を借り、翌々日には現金を持ち込んだ私が商品を総取りできました。